どう避ける? 危ない 「 食品添加物 」  8種類

どう避ける? 危ない 「 食品添加物 」  8種類
11月 28th, 2014 | 医食同源 | No comments

どう避ける? 危ない 「 食品添加物 」  8種類


ポテトチップスに発がん性?

「 子供が大好きなポテトチップスにも、発がん性物質が含まれている 」

10月3日の内閣府食品安全委員会の発表を受けて、こんな衝撃のニュースが報じられた。
次世代にも影響しうる発がん性物質と指摘したのは、化学物質 「 アクリルアミド 」



女性自身のサイトを読んでみると、 「 アクリルアミド 」 という化学物質に、発がん性が指摘された
との事。 アクリルアミドって何でしょうかね?


「 ポテトチップス 」 「 フライドポテト 」 などジャガイモを高温で揚げたものや
「 ビスケット 」 「 クッキー 」 など、穀類を原材料とする焼き菓子などに多く含まれているそうです。





なにやら 「 炭水化物を多く含む食材を、高温で加熱調理 」 したときに生じる物質らしく

確かに子供が好きそうなお菓子に多そうで、ちなみに私も嫌いではありません。


と、言いますのは、私らの世代( 40~50 )では 「 食べるのを避けて育つのは不可能 」 と思える位
お菓子の定番だったからです。


当時は 「 食の安全 」 などの情報に触れる機会も少なかったですし、また、記事で 「 別途問題視 」
されているスーパーやコンビニなどで販売されている 「 弁当やおにぎり、サンドイッチ、清涼飲料水 」 

などに含まれている 「 食品添加物 」 も、「 コンビニ 」 がポツポツと出来始めたのが子供時代でしたので

現代のように、こぞって便利なコンビニ・スーパーで買い物という感じは無かった記憶があります。


しかし、現在の子供達の環境は達いますね。
便利に乗じて、「 食品添加物 」 は避けようがありません。


厚生労働省が使用を認めている添加物には、毒性が強く、発がん性物質を含むものもあるのだそうです。
 

【 亜硝酸Na 】

食品例 / 明太子、タラコ、ハム、ウインナソーセージなど

食品の色の黒ずみを防ぐため、発色剤として使用されている添加物。毒性が強く、厚生労働省で使用量を制限している。
ただし、規定量内であっても、魚卵、食肉などに多く含まれる「 アミン 」という成分に反応し、発がん性物質に変化することも。


【 合成甘味料 ( アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK ) 】

食品例 / ガム、あめ、ゼリー、チョコレートなどの菓子類、清涼飲料水など

人工的に甘味をつけるために使われるもの。カロリーがゼロ、もしくは少量しかないので、ダイエットや健康志向の飲み物
菓子類に使われることが多い。アスパルテームは、脳腫瘍や白血病の原因となる可能性があると研究者から指摘されている。
スクラロース、アセスルファムKは肝臓や腎臓に悪影響。


【 タール色素 】

食品例 / 福神漬け、紅しょうが、菓子パン、清涼飲料水など

合成着色料。赤色2号、青色2号などの名称で表記されており、全部で12品目ある。
食品のほか、口紅などの化粧品に使われることも。自然界にはない化学合成物質で、発がん性のあるものが多く
胎児に悪影響を及ぼす危険性もある。


【 カラメル色素 】

食品例 / 弁当(ソースや食品の色づけ)カレールウ、カップ麺、のりのつくだ煮、プリンなど

カラメル色素には4種類あり、そのうち2種に発がん性物質が含まれているが、添加物表示の表記はすべて
「 カラメル色素 」「 着色料(カラメル)」で統一されている。すべてが危険なわけではないが、できるだけ避けたほうがいい。


【 防カビ剤( OPP、TBZ ) 】

食品例 / オレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの柑橘類

OPPには発がん性があり、TBZは胎児に先天性障害を起こすことがわかっている。
皮ごと食べたり、皮をマーマレードにするのは危険。果肉にも微量ながら成分が残っているので、
とくに妊娠中の女性は食べないほうがいい。


【 安息香酸Na 】

食品例 / 栄養ドリンク、清涼飲料水など

合成保存料。もともと毒性が強いうえに、ビタミンCと反応すると、白血病を起こす発がん性物質「ベンゼン」に変化する。
日本消費者連盟が調査したところ、国内で販売されている、ある清涼飲料水と絶倫系の栄養ドリンクから、ベンゼンが検出されている。


【 酸化防止剤( BHA、BHT ) 】

製品例 / 化粧品・サプリメント・ペットフード・表示義務のない「 はかり売り 」や簡易包装の煮干しなど

BHAは、動物実験でがんを起こす可能性が指摘されている。BHAと似た物質のBHTは、主に化粧品に使われており
口紅の場合、唾液に混じって体内に入ってしまうので、BHTの表示のあるものは使わないほうがいい。


【 サッカリンNa 】

食品例 / 歯磨き粉など

発がん性の疑いがあり、一度使用が禁止されていたもの。実験では、子宮がんや膀胱がんになる可能性が指摘されている。
たとえ微量でも、毎日の歯磨きで口内に残ったものが胃に流れ、細胞ががん化する可能性も。



記事には、「 家族や自分の健康を守るため、最低でも危険な添加物は避けるべき 」 とありました。



 

皆さんは、スーパーなどで 「 表記 」 をチェックした事がありますか?

私は買い物がてら 「 表記 」 を確認してみると、添加物が含まれていない加工食品はありませんでした。

これこそ忌々しき問題だと思うのであります。 まして、「 発ガン性 」 だけが健康に影響するバロメーターでしょうか?

癌にならない添加物なら、安全な食品という訳ではありませんよね。
むしろ、「 不定愁訴 」 という形で様々な症状と関係していると思われます。 

それでは、また、次回の続きで!

x
2018 6月11日(月)から診療日が変更となります。 現在の診療時間はこちら 月:8:30~17:30 木:8:30~17:30 土:8:30~14:30 休診日 : 火・水・金・日 不定休 : 祝祭日