欧米諸国の電気治療は遥かに進んでいる

特殊電気療法


一昔前の電気治療と言えば、ベッドに寝て 「 電気を流されるだけ 」 だったかもしれません・・・ 
また、「 電気治療は効かない 」… そう思われている患者様もおいでになりますが、近年の電気治療は 「 対話型 」 へと移行しつつあります。





「 対話型 」 とは、体の情報を読み取りながら 「 患部への最適な刺激 」 を選択し、電圧や周波数を調整しながら送り届けるというものです。

電気治療 ( 療法 ) は 「 物理療法 」 の一種で、物理療法とは 「 電気・温熱・寒冷・光線・その他 」 の物理エネルギーを
身体に与える事で、「 血液循環の改善・筋肉の緊張を緩和・痛みの軽減・組織の再生 」 など

人体の生化学的反応を助長するものです。

そして、電気治療機器は 「 生体内の電気現象 」 の研究に基づいて、エレクトロニクス技術の進歩と供に発展してきました。

現在では、運動療法と組み合わせた施術など活用方法は益々広がってきています。







近年になって進化の目覚しい電療機器。最新の機種となれば 「 生体電気の変調 」 を自動的にスキャンし
最適な刺激を選択する機能が備わったものまで登場してきました。  blog  アキュスコープ / マイオパルス治療

アキュスコープ / マイオパルス

時に治療者もびっくりするような効果を発揮する事がありますが、 「 どのような疾病で? 」 「 どこを施術するか? 」 までは
残念ながら機器が教えてくれるわけではありません。 最も重要なことは

「 施術者の疾病に対する判断力 」 しだいで、治療効果は異なるという事です。





筋肉・神経・靭帯・骨など、疾患によって損傷した 「 患部までの深さ 」 は異なります。
そして、痛みを緩和させる 「 周波数 」 や 治癒を促進させる 「 周波数 」 など、治療目的にそったモードの選択

患部に有効な周波数を送り届けるのに必要な 「 電圧 」 の判断をするのは施術者です。


深さや周波数の違い

もし治療を受けたのに効果を実感できなかった場合は、「 的外れな施術 」 を受けた可能性もあります。

又、痛むところに施術をすれば良いとは限らず、機械毎に特性の違いもあって、こればかりは施術者の経験則に左右されるところで 
機器の進化を活用するのは、やはり操る人の知識と経験によるのだと思います。





セリエAやオリンピックでも

一流スポーツ選手が自腹で購入するのはほぼ海外製品という事実をごぞんじでしょうか?


アメリカ・ドイツ・イタリア・ノルウェーなどの海外製品は、日本国内で生産された機器と比べて
「 患部にロス無く通電できる 」 事を、日本でも電気治療黎明期の治療家は知っていました。


国産製品 
75% Complete
海外製品 
95% Complete

30年以上も前から、この事に着目していたのが ( 千葉県 : 水島接骨院 ) 水島 敏一 先生です。 当時医療機器の代理メーカーが扱っていない
欧米諸国の電気治療器を自ら取り寄せて輸入し、研究されて臨床で素晴らしい効果を発揮されております。

当院は、水島 敏一 先生から機器の特性や性能の引き出し方などをご教授頂き、工夫を重ねながら臨床に取り組んでいます。


インテレクト・ユーザーセミナーの様子
( インテレクト・ユーザーセミナーにて、講師を担当させて頂きました )



電療機器の進化は凄い!

「 効く 」 電気治療を是非お試し下さい!

 効かないと思われていた過去の定説は、上記のような理由が関係していたのかもしれません。
 当院では、整形外科疾患から内科疾患にも電気治療器を併用した施術を行います。

blog  「 特殊電療! マニアの物理療法 」


物理療法

このような症状に電気治療は効果的です。

・ 骨折治癒の促進 ( 疲労骨折・不顕性骨折 )
・ 筋肉・腱・関節などのトラブル ( 筋肉疲労・筋拘縮・肉離れ・筋石灰化、腱鞘炎・腱断裂、関節炎・関節拘縮、軟骨損傷・半月版損傷 )
・ リハビリ、筋力強化 ( 通電による 「 赤筋・白筋 」 の筋質変化の助長 )
・ 内臓器の炎症
・ 自律神経・血圧調整

x
2018 6月11日(月)から診療日が変更となります。 現在の診療時間はこちら 月:8:30~17:30 木:8:30~17:30 土:8:30~14:30 休診日 : 火・水・金・日 不定休 : 祝祭日