交通事故の対処と保険治療

交通事故の対処法と整骨院の治療




・ 事故直後は平気だったのに、後から辛くなってくる場合。

・ 手足の痺れがなかなか改善されなくて困っている ( ムチウチなど )。

・ 事故後から、めまい・頭痛・耳鳴り・吐き気がするなど … 不定愁訴。

・ 首肩の凝りや重さが辛いのに、レントゲンに写らないから異常なしと言われた。



後遺症で後悔しない様に、適切な対処と治療を!

「 交通事故は、自賠責保険により治療費が支払われるので自己負担金はかかりません。」

ですが、事故後の混乱から適切に対処できず 「 大丈夫です。 」 と、相手先の確認をせずに帰られて
後からお悩みになるケースが多々ございます。手続きなどでお悩みの場合、ご相談下さい。

自賠責保険の場合は、治療費の他、交通費・慰謝料など ( 治療回数 × 4,200円 ~) 支払われます。
安心して治療に専念することが出来ます。





 ▼



相手と連絡先を交換し、目撃者がいる場合はその方の連絡先も聞いておきます。
加害者の運転免許証・車検証・保険証などを確認しメモして下さい。
できれば、自分の車両の被害状況、相手車の被害状況の写真も撮っておくか
誰かに撮ってもらいましょう。

 ▼



届出をしないと警察の介入がありません。
この場合、被害者になにかと不利になる場合があります。
加害者に 「 警察に届出ないよう 」 言われることもあるかもしれませんが
必ず警察を呼んで現場検証をしてもらってください。

 ▼



加害者の方から、事故の日時・場所・内容を保険会社に連絡してもらいます。
任意保険の約款には、事故後60日以内に事故の報告がない場合
原則として保険金は支払わないと定められていますので、できるだけ早く
保険会社に連絡してもらってください。

 ▼


 
軽傷でも必ず病院の診察を受けて下さい。
これはとても大事なことです。事故後すぐに病院へ行かなかっために
自賠責保険が支払われないこともあります。

おおよそ2週間以上経過した事案については、「 事故との因果関係が認められない 」 ことが
あるからです。 また、仕事が忙しかったから病院に行けなかったという理由は
自賠責保険では認められません。

病院で受診した際、少しでも痛い、気になるところの部位は全て言っておきましょう。
また、CT・MRI など綿密な検査も受けましょう。





 ▼

保険会社に 「 当院で治療を受ける 」 と電話をしてください。
病院で納得の行く治療をしてもらえないという理由の方もいらっしゃいます。
他の医療機関からの転院も可能です。 手続きなどお困りの場合ご相談ください。


x
2018 6月11日(月)から診療日が変更となります。 現在の診療時間はこちら 月:8:30~17:30 木:8:30~17:30 土:8:30~14:30 休診日 : 火・水・金・日 不定休 : 祝祭日