たかが捻挫、されど捻挫




【 中学二年生 】 女子バレーボール部。

ジャンプして着地の際に自分の足を踏んでしまい捻挫。
捻挫箇所は前脛腓靱帯・バセット靱帯・前距腓靱帯・二分靱帯に加えて

短腓骨筋付着部の炎症を起こしていました。 ( 画像診断で イセリン病 は無かった )

捻挫は、平たく言うと骨と骨を繋いで関節を形成する靭帯に起こった損傷のことで
「 靭帯が伸びた、切れた 」 などと聞いたことがあると思います。

普通なら1月もすれば靭帯は修復され、痛みは治まりますが 
あまりに長引く痛みは、捻挫後に靭帯がうまく修復されなかったか

靭帯の損傷だけではない場合もある。

この患者さんの場合は、捻挫自体の痛みは2~3回で取れたのですが
短腓骨筋付着部の炎症に少し手こずりまして、なんとか

バレーボールの県大会には間に合わせる事ができました。


前脛腓靭帯の損傷では、他の靭帯にも複合的に損傷を起こしているケースも多く
バセット靭帯の損傷 ( バセットリージョン ) では

「 足を反らす動作時 」 に痛みを感じるので、アスリートやスポーツ選手は
こうした身体の不都合が凄く気になり、固定するにも

「 何故安静と固定が必要なのか? 」 本人が納得できる説明を受けないと
余計に足首を自分で動かしてしまう傾向があります。

足の背屈と運動制限

結果、完治までの期間が長引いてしまう事もありますので
患者さまが納得できるような説明をと思っているのですが

足は身体の土台ですので、固定されると凄く不自由且つ他に制限されてしまう事も
多い故、後に身体の歪みや、庇った動作による筋肉の緊張などから

腰痛などを引き起こす要因となっていたり、些細な症状であっても
捻挫はあなどれません。 たかが捻挫されど捻挫なのです。


足関節捻挫後の痛みに関しては、大阪の 「 古東整形外科・内科 」 さん
又、イセリン病 ( 第5中足骨粗面骨端症 ) に関しては 「 秋元整骨院 」 さんの

ホームページの解説が素晴らしいので、参考になさって下さい。




・ 脛腓靭帯の損傷
・ バセットリージョン
・ 二分靭帯損傷
・ 距骨骨軟骨損傷
・ 短腓骨筋腱縦断裂
・ 腓骨神経損傷


「 古東整形外科・内科 」 足関節捻挫後の痛み
「 秋元整骨院 」 イセリン病( 第5中足骨粗面骨端症 ) 





当院はエコーによる画像観察を用いて、できるだけ細かく捻挫の分類を
心掛けています。 そして痛みに対しては特殊電気治療器の通常最大ワット数 2.5W を

3W まで引き上げる特殊な設定 「 稲穂スペシャル  」 を用いて、痛みを軽減!
ちょっとマニアックな話になってしまいましたが、とても良く効きます!

» 海外物療機器の通電率

治療器の最大ワット数を引き出す稲穂スペシャル
そして酷く鬱血している場合には、刺絡療法を用いるなど患者様には
1日も早く完治して頂けるよう施術に取り組んでまいります!

患者さんから嬉しい報告。

院長
県大会に出場し、地区選抜に選ばれたそうです。
一生懸命打ち込んでよかったですね! 
これから益々の活躍を期待してますよ!!



x
2019 3月11日(月)から診療日が変更となります。 現在の診療時間はこちら (月)(火)(水)(木) → 休診・(金)(土) → 診療日となります。 *3月11日からの診療時間 (金):8:30~19:30(時間要相談) (土):8:30~14:30 *3月は(月)(火)(水)(木)の休診日に診療可能日がありますのでTwitterにてお知らせ致します