腰痛・腰下肢痛でお困りの方へ

初診の患者様にお話を伺うと、「 私、座骨神経痛で ・・・ 」
「 ヘルニアが酷くて ・・・ 」 と、ご自身の症状を決めつけて来院される場合が多い。

しかし、本当にそうでしょうか?




「 今までの腰痛の常識は嘘だった 」 として、NHK 「 ためしてガッテン 」 で、放送されたのですが
動画は削除されてしまっていますね。

腰痛の常識は嘘だった

他所で、そう診断されたからだと思うのですが、腰痛と言えば未だ 【 ヘルニア 】 という 
認識が根付いているように思います。


そんな腰痛ですけど、分類するとけっこうな種類があります。 症状によって当然治療方法は異なってきます。


当院では、腰痛を3つに分類して治療にあたっています。









後枝症候群とは

「 椎間関節性腰痛( 腰の関節 )・脊椎すべり症、分離症・椎体の圧迫骨折 」 などにより、背骨からの神経 ( 脊髄神経後枝 ) を通して痛みが現れている状態。


筋筋膜症とは

文字通り筋肉や筋膜を傷めた症状です。


変形性脊椎症は

骨自体に変形が生じる為 後枝症候群 と 筋筋膜症 の症状が複合的に出現したりします。


 
「 腰椎椎間板ヘルニア 」 も腰下肢痛を起こしますが、もしそうであったら歩くこともままらない状態だと思います。

その他、腰下肢痛を起こす症候には、「 梨状筋症候群 ( 坐骨神経痛 )脊柱管狭窄 」 などもあり

腎尿路結石 や 悪性腫瘍 でも、腰痛を引き起こすことがあります。


これらも総じて、腰痛や腰下肢痛と言われます。 いずれにせよ





してくれるかが、冒頭で述べたように大事な事でして


腰痛でお困りの方は、診断の際に 「 症状の説明をしっかりして下さい 」 と希望を伝えてみましょう。


きちんと腰痛の原因と症状の説明をしてくれれば、勉強熱心な先生です。
それが自分にあった治療院を探すこつだと思います。


x
2019 3月11日(月)から診療日が変更となります。 現在の診療時間はこちら (月)(火)(水)(木) → 休診・(金)(土) → 診療日となります。 *3月11日からの診療時間 (金):8:30~19:30(時間要相談) (土):8:30~14:30 *3月は(月)(火)(水)(木)の休診日に診療可能日がありますのでTwitterにてお知らせ致します